FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「寒」のつくおいしい魚
寒の入り、そして、大寒となれば暦の上では1年で1番寒い時

ということになるのでどんな寒波が来てもおかしくないのですが

来たら来きたでやっぱり来たか・・・となりますよね

インフルエンザが猛威を振るっていますのでくれぐれもお気をつけ

いただきたいですね。

うがい、手洗い、R1とか言ってますがやっぱり手洗いはしっかりと洗って

いただくことそして、予防接種が何より1番大切だそうですよ

ところでこの「寒」の時季においしい魚ということで

ここはなんといっても「寒さば」ということになりますよね

真サバの大ぶりでぽっちゃりとしたものが脂の乗りも最高です。

このサイズでの新鮮なサバとなればやはり1番のおすすめは

関西では「きずし」東日本では「しめさば」で食べるのがおススメです

まず、サバは3枚おろしにしますが売場の担当者にご遠慮なく

言ってください。その場で3枚おろしにしてお渡しできますよ~

そしてたっぷりの荒塩振ります。

この時サバのドリップが塩と一緒に流れるくらいでも良いので

タップリの塩とそのあと少し斜めにしてサバからのドリップが流れて

落ちるようにしていただくことです。

この塩は1時間後くらいに洗い流してしまいますので思い切って

使うくらいがよいんです。

そのあとは米酢に浸すことになります。

ゴマサバよりも真サバで、お腹周りのぽっちゃりしたサイズのサバを

選んでいただいて寒の時季の何よりの味わいを

お楽しみください。

健康効果からも青魚としてのサバはDHA,EPAの宝庫となっていますので

さらにおいしさを感じていただけれものと思っています。

おさかな売場でお待ちいたしておりますね~




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。