スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆり根がおいしい
いよいよ山の紅葉が際立ちその色が白くなるような季節にも

なってきます。

先日も、NHKの番組で「ゆり根」を紹介していましたが

この季節にはゆり根のおいしさが1番味わえる季節でもあるんですね

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花」と言われるように

「可憐で美しい女性のこと」の表現に言われる「ゆり」の花の球根のことです

保存にはおがくずが使われますがこのおがくずの水分の量で

ゆり根のおいしさが変わるそうなんです

やはり女性的で繊細な食べ物なんですね

上品な甘さとホクホクした口当たりで

茶碗蒸し、てんぷらにおいしいですよね

さらにはホタテと一緒に炊き込みご飯にもまたおいしいです

また、栄養的にも鉄分、カルシウム、ビタミンB、食物センイやカリウムも

豊富で便秘やむくみの解消に効果的だそうです

晩秋の「ゆり根」をいただいて

ぜひ、その魅力を再発見してくださいね

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。