FC2ブログ
半夏生にはタコ食べる?
半夏生とは夏至から数えて11日目の日のことを言い

7月2日から七夕までの日のことを言うこともあるそうです。

昔はこの時期が田植えの目安とされていて

「チュウ(夏至)ははずせハンゲ(半夏生)は待つな」という諺が

あるほど適した時期があったということですね

特に関西地方では「半夏生」にタコを食べるという習慣があるそうです

田植えをした稲の苗がタコの足のように大地に根付くことで

豊作になることの願いが込められています。

要するに暦からくる食のイベントと考えれば「土用の丑の日」であるとか

節分の恵方巻に続く存在となります。

ただこの半夏生には各地域での違いが幾分にあるようで

例えば北陸地方では「焼きサバ」を食べるとか

讃岐うどんの本場香川県ではこの日が「うどんの日」となっているようで

いろんな食材としての半夏生の盛り上がりが期待できそうなんですね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック