FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小ぶりなタケノコあります
「タケノコは湯を沸かしてから堀に行け」と言われるほど

掘った後には時間を追うごとにどんどんアクが強くなります。

いつぞや、完全に時間の経ったタケノコを湯がいて食べたことが

あるのですが、あのタケノコから出るえぐみというかアクですよね

もう散々な目にあってしまいました

とにかくその日の食事は味も何も打ち消される状態の後遺症に

なったんです。

ですからそれ以後は新鮮なタケノコでないとえぐみの感じ方が

非常に敏感になりました

そんな春真っ盛りのまさに「旬」という字をいただいている「筍」なので

短い期間の限られた時期のものということになりますよね

そしてこの字の意味としては短期間に成長をして竹になるということ

なんです。

皮につやと湿り気があって頭が黄色く開いていないものが

新鮮なタケノコとなります。

また、根元の赤いぶつぶつが小さくて少ないほど柔らかいものだ

そうですので

まさに旬の一時を見逃さずに味わってみてくださいね~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。