スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチゴの味わい深い季節です
果物のコーナーではミカンも根強く販売していますが

伊予柑などの柑橘類も豊富なのですがやっぱりいちごですよね

この時季イチゴのお値段がなかなかお高くて大変です

日本海側での大雪をもたらした寒波の影響もあるかと思いますが。

ですからチラシのお値段でも1パックで458円とかの値段が出てたりします。

こうなるとやっぱりお値段的に手が出なくなりますので

せめて1パックで398円とは期待したくなります。

ところが近くの地元スーパーではこのイチゴの1パック売価が

何と!298円で販売されているんです。

お客さんによると3パック4パックと買っていかれる方も

あるくらいです。なぜ?こんなお安い売価にできるのか?

たぶんお店の売り場責任者の方の方針だとは思うのですが

それにしてもお値打ちな価格です。

インフルエンザやノロウイルスなど免疫力を高めたいこの時季

イチゴの健康効果で乗り切ってください

大粒のものなら5~8個で十分な免疫力を高めてくれる

ビタミンCがたっぷりです。

スポンサーサイト
寒さに耐えた野菜はおいしい
寒波が居座っているようで寒い日が連日続きますね

インフルエンザも流行していて学校閉鎖まで出ているそうです。

定期的に診察に行っているお医者さんからも、うちに帰ったら

うがい、手洗いを忘れないでくださいね~と言われたのできっちりとやりました

風邪ひくのも大変ですけどインフルエンザは家族にとっても厄介になりますからね

これだけの連日の冷え込みで冬野菜がおいしくなります。

もちろんなべ物であったまるとなればやっぱり「白菜」

雪掘りの白菜はやっぱり甘いですよね

さらに「寒締めほうれん草」があります。

この寒締めほうれん草はハウスの屋根を開放してわざと霜に当てることで

ほうれん草の甘さだけでなくおしたしにしたときの「えぐみ」もなくなるんです

だいぶスーパーでの品揃えでも目立つようになってきました

売れているんですよ

確かにくしゃくしゃに縮むので見た目には緑色も濃くなったりして

「しおれてるの」と思うような状態なのですが

サラダでもよし先ほどのおしたしでも甘味や何よりビタミンもアップします

この厳しい寒さに耐え忍んだ冬野菜を味わってくださいね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。