スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月の記念日から
6月と言えばジュンブライトが有名ですが

また、季節的には「梅雨」となり蒸し暑さや不快指数の高まるような

季節を連想してしまうのですが

地元スーパーから見た6月の記念日とは何でしょうか

とりあえずは2つあるんですね

ひとつは6月10日の「時の記念日」

さらに6月の第3日曜日には「父の日」なんです。

まず時の記念日ではタイムサービスを連発します。

早朝のタイムサービスから1時間おきに時間を大切にして

いただくための時間限定企画を打ち出しますのでお楽しみに

してください。時間を大切にする簡単なようで日頃はあっという間に

過ぎてしまうようなことなんですね

その時々をちょっと時間という感覚で意識しながらタイムサービスを

ご利用くださいね~

さらには第3日曜日の「父の日」です。

5月の母の日が先でこの父の日が後に制定されたことは

なんとなくわかりますよね。

「父の日に今日父の日と父が言う」なんて川柳がありましたけど

マザーズディから見ればその存在感はまだまだ希薄なんでしょうか

母の日があって父の日のないのはおかしいということで

アメリカの一夫人が男手一つで育ててくれたお父さんに感謝をする

パーティを開いたことが始まりと言われます。

ということでアメリカで父の日に制定されたのが1934年です。

遅れること日本では昭和28年から制定されたそうですよ~

お父さんへの感謝の一品を忘れないでください~ね
スポンサーサイト
島らっきょうが美味しい
なんといっても沖縄野菜の代表的な存在となりました

島らっきょうとは中国原産のユリ科ネギ属の多年草

日本での主な産地は沖縄県となります。

この島らっきょうは本土で栽培されるらっきょうよりも小ぶりで

卵状の鱗茎が細いのが特徴の中玉種なんですね

要するにエシャロット(らっきょうの早採り)のように15cm~20cmの

細い状態で収穫して(味もエシャロットに近い)

塩もみ、漬物、てんぷら、チャンプルなどの沖縄定番メニューにも

なっています。

私のおすすめの食べ方としては「浅漬け」や「天ぷら」がおすすめ

天ぷらなどはビールのつまみにもピッタシです

ユリ科の食べもなので熱をl加えると甘味が出るんですね

一度食べたらやめられないおいしさですよ~

島らっきょうには血液の凝固作用を抑制する効果のある

「アデノシン」という物質がたくさん含まれていて

健康番組で「血液サラサラ効果」が言われると

一気に人気が高まりました。

お買上げ、お待ちいたしております~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。