FC2ブログ
父の日のごちそう
今週のチラシでは父の日のごちそう企画でそれぞれのお店が

競って出してますね。

お元気ですか?いつもの店長和田でございます。

チラシや売場でも「ごちそう」が数多く品揃えされて

父の日をお祝いする演出がてんこ盛りですね。

でもこの「ごちそう」と言いうことコトバなんですが

どうも本来の意味とは違った使われ方となっているようなんです。

例えば食事を終わった後に「ごちそうさま」って言いますよね

「ごちそうしていただいてありがとう」と言う意味だと思うのですが

この「ごちそう」と言う言葉は本来どのような意味なんでしょうか?

ごちそうと言うと「豪華で日ごろ食べないような特別な食事のこと」

のように理解しがちなんですが

これがちょっと違うようなんです

ですから、ごちそうを漢字で書くと「ご馳走」となるんです。

つまり、「全力で走る」っていうことです。

漢字で見ればよく分かりますよね

ご馳走とは本来豪華な食事そのものの事ではなくて

食事の用意や準備のために全力で走り回ることなんです。

ご馳走の素晴らしさはどれだけ豪華かではなく

どれだけ全力で走り回ったかにあるんです。

たとえハンバーグであっても牛肉と豚肉や脂肪の割合を

キチッと求めてひと手間かかるデミグラスソースで

焼き煮込めばこれが本当においしいご馳走なんですね

スポンサーサイト