スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カキ氷食べたい
7月25日は「カキ氷の日」だそうです。

子供たちの夏休みもスタートして

相変わらずのこの猛暑となれば

あまりの暑さにクーラー・クーラー

してませんか?

こうなれば

やっぱりカキ氷ですよね。

「7(な)2(つ)5(ご)おり」

ちょっと苦しいですね

つまり、「カキ氷」の別名から語呂合わせしたもの

だそうです

「かき氷」の歴史は古く

平安時代には「削ぎ氷」の名前で食べられていて

清少納言の「枕草子」に登場しているらしいです。

「氷室」を使った昔からの製法によると

おいしいだけでなく、氷の冷たさによる

「頭がキーン」とならないそうです。

実はこの「キーン」は

神経のちょっとした勘違いから

急激に冷やされることで

神経が混乱して、口の中だけでなく

額やこめかみに痛みとして反応があらわれること

この「キーン」でも夏を味わってみてください
スポンサーサイト
シーチキンがおいしい
「ツナ缶」のツナ(tuna)とは英語では「マグロ」です。

そうです。ツナ缶はマグロを原料とした缶詰です。

でも、市販のシーチキンにはツナ缶ではなく

「カツオ」を使用したものもありますが

やっぱり一番おいしいのは、ビンナガマグロを

使用したツナ缶で、かつ製造日から

約1年たっているものが絶品だそうです。

ツナ缶の原料となるマグロと言えば

脳や神経に良い働きをもたらす「DHAドコサヘキサエン酸」や

血液中の脂肪を減らす「EPAエイコサペンタエン酸」の

宝庫です。

これらの成分は、なんと、缶詰になっても変わらないそうですよ。

今年の夏を乗り切るためにも

今晩の夕食にもう一品欲しい時には

お役に立てる強い1品ですよ

さらに、夏の朝食に「ツナキャベトースト」いかがですか?

キャベツはせん切りにしてツナ、塩と一緒にポリ袋へ

ポリ袋の上からモミモミしてキャベツがしんなりしたら

マヨネーズを混ぜます。

食パンにこれをたっぷりのせてさらに、ピザ用チーズ

ものせたりしながらオーブントースターで

こんがりと焼いてください

夏こそしっかりとおいしいツナの朝食を
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。