FC2ブログ
梅雨アナゴご存知ですか?
この時季に旬を迎えるアナゴには

「梅雨アナゴ」として

特にガンや生活習慣病の予防に欠かせない

ビタミンやミネラルがイッパイ。

また、アナゴに含まれるビタミンAには

視力を調整して肌をみずみずしく

保つ働きや老化を防ぐ抗酸化作用がありますよ

春から夏には体内の活性酸素が

増える時期にもなるので

抗酸化物質タップリのアナゴの旬とは

まさに理にかなっているんですね

おいしい食べ方ありますよ

「アナゴの山椒揚げ」

醤油に山椒を入れて

てんぷら用のアナゴに味をつけます

三十分くらい漬けてから片栗粉をまぶして

ごま油で揚げ焼きに

表はカリッカリ食べればサクッサク

です。

店長の和田がお伝えしました。

ヨロシク!!!
スポンサーサイト
バナナの次はこれ?
6月に入り、いよいよ、うっとうしい梅雨の

本番ですか?

例年よりは少し遅い梅雨入りだそうですが

今週も元気イッパイに梅雨空を吹き飛ばしたい

店長の和田です。

バナナの次と言えば

当然あれでしょう?

それは、キウイフルーツですよ

キウイフルーツといえばあの緑色の

果肉を思い浮かべますが

最近ではテレビCMもあって

「ゴールド」と呼ばれる黄色の品種が人気です。

バナナの次にはいよいよ、キウイフルーツダイエット

ですか?

バナナよりも腹持ちが悪いとか

酸っぱいのでバナナの方が好きとの

声もあるようですが

とにかく、ビタミンCが豊富なんです

一個で一日分のビタミンCが摂れて

さらに、ビタミンEとの相乗効果では

老化防止にも効きます。

他にもカリウムや食物センイも

タップリだそうですよ。これはバッチリですね。
時の記念日です
本日、六月十日は「時の記念日」です。

改めて時間を大切にしたいと思っている

店長の和田です。

ご来店ありがとうございます。本日

「タイムサービス特集」やってますので

開始時間にご注意の上

お早めにご利用ください。

富山県の神通川という河川敷で

毎年行われている行事に

正午の時を花火で知らせるのだそうです。

この地域では戦前からこの六月十日に

毎年行われていた行事でしたが

戦後には昭和三十一年から再開されました

腕利きの花火師が

今年も正午の時刻に打ち上げます

地元の人はこの花火のことを

「どん」と呼んで

毎年この時刻に正しい時刻を告げる

行事として楽しみにされているそうですよ

時間の大切さを再認識したいですね

店長の和田でした。

ご来店ありがとうございます。
生らっきょうあります
いろいろ面倒だから・・・・と

「生らっきょう」をお買い上げいただいたことの

ないお客様も多いことと思います。

そんな私もらっきょうはカレーのお供くらいに

しか思ってなかった・・・・

店長の和田でございます。

毎度のご来店ありがとうございます。

でも、デモですね、このらっきょうには

イロイロと体にいいこと多いんです。

らっきょうが中国から伝わったのは平安時代以前

とありますので古いんですね。

最初は「薬用」として伝えられて

一般的に食べられるようになったのは

江戸時代だそうですよ

ですからこのらっきょうには疲労物質である

乳酸の分解を促進して疲労回復を助ける

ビタミンB1がタップリ

らっきょうといえばイコール甘酢漬けを

思いますが

実は、炒め物、煮物のほか刻んで薬味として

味噌漬けや各種料理のトッピングに

と用途は結構広いです。

さらにさらに

甘酢漬けの「汁」をカレーのかくし味に

一度入れてみてください

それはそれは一味も二味も違ったカレーが

出来上がりますよ

カレーの意外なおいしさに出会えるかも???

知れませんよ~