fc2ブログ
春を呼ぶメンチカツ&肉餃子
いよいよ今年も押し詰まってきたとはいえ寒さの本番は冬至、大寒と

暦の上では真冬に突入することになりますよね。

こうなれば日々の食生活においても

この寒さを越えた春の季節を待ちわびるかのような旬の献立でいただきたい!

まあ簡単に言えば献立の頭に「春」とでもつけるようなものです。

例えば「春キャベツのメンチカツ」とか「春キャベツタップリ肉餃子」といったところでしょうか

何でも頭に春を付ければいいんです!

春を待ち焦がれた1品としてまず野菜では「キャベツ」としました。

これはもう言うまでもないところでしょう。

メンチカツに柔らかい春キャベツをみじん切りにすることもなく適当にざく切りにする

くらいでミンチと合わせるときにしっかりと練り込んでもらえれば十分キャベツの

美味しさは春らしくなるんです。

さらに、肉餃子にもニラよりもキャベツを今度はみじん切りに切ったうえで

これも豚ミンチと合わせます。

暖冬とは言いながらも温かかったり、寒かったりのよね気温の変化が大変なのですから

体調には気を付けていただきメンチカツと肉餃子の挽肉献立で

気温のアップ、ダウンを乗り切ってください!
スポンサーサイト



骨の周りの肉って何で!こんなにおいしい!
アメリカでのバーベキュー必須アイテムとなれば「ヨシダソース」ではなくやはり

ポークのバックリブとなる。豚肉のロース、バラ部位からカットするバックリブが

日本への輸出部位として入荷しつつある。アメリカではダントツのバーベキュー必須部位となるので

日本への輸出までは回らないだろうと思っていたら輸入されてきた。

いよいよ日本でも三角形のスペアリブだけでなく本物バーベキュー部位としてのバックリブが

売られることになる。日本とのカットがあらかじめ異なるので日本ではこのバックリブでの

部位形状で商品化されることはまずないと言える。

先日も中国で精肉店を約3000店舗出店しているという幹部の方と話していたら

中国でも骨付きでのロース、バラ肉の評価は圧倒的な人気の部位となるそうだ。

なによりも肉を食べるうえでの世界的な価値観として「骨の周りの肉って何でこんなにおいしいの!」

という圧倒的な肉を食べる価値感が伝播する季節の到来と言える。
お母さんの手作りには「愛」がいっぱい
お母さん毎日の食事の支度ご苦労様です。

ご家族での楽しい笑顔のひと時は食事の時ですよね~

お母さんの手作り献立には「愛」がいっぱい詰まってますからね

何と言っても、おうちごはんが一番!

からだと心を労わる食事していますか?

ついつい忙しくて野菜や果物があまりとれていないとか

冷凍食品でしのいでいくような献立になっていませんか

確かに時短、簡単な献立として便利なことは間違いないですが

食べものとしては地元のものをそのまま食べていただくことがいいに決まっています。

今日ばかりはお母さんを手伝ってご家族みんなで「手作り餃子」などはいかがでしょうか?

ご家族みんなの愛情いっぱいのおうちごはんで召し上がってください。

私たちにおうちごはんのお手伝いをさせてください。

あと包むだけの「餃子セット」品揃えしております。

食べることへの「愛」とは包むことだったんですね

愛情いっぱいに皆さんで包んで、ワイワイ焼きたてを召し上がってください。
冷しゃぶ、焼きしゃぶ、蒸ししゃぶの季節
この値上がり、物価高、インフレ時代に日々の食生活を通じて

いかに手間のかからない献立で、当然お安い経済性を求めながら言うまでもなく美味しい

さらには、動物性たんぱく質を健康的に求めるということでの発信ができればとの趣旨で

書いております。

その中でもこの時期から求めていただきたい献立として「夏のしゃぶしゃぶ」ということですね。

しゃぶしゃぶ=冬の鍋と受け止めていただいたあなたは正しい~のですが

このご時世としてはちょっと角度を変えましておすすめ出来ればと思ってます。

それはタイトルにもあります「冷しゃぶ」であり「焼きしゃぶ」「さらには「蒸ししゃぶ」となります。

さらに、鍋しゃぶの角度から最近では「夏しゃぶ」として野菜も肉もすべて土鍋の中にぶち込んだうえで

専用しゃぶしゃぶ用のスープで煮込むということになります。

つまり夏だから焼肉、冬だからしゃぶしゃぶという図式ではなく「夏でもしゃぶしゃぶ」なんです。

ということは例えば焼肉だから鍋よりは涼しく食べられるということではないですよね

むしろ鍋を食べる以上に汗だくで焼くようなことにもなります。

こうなると夏だから、冬だからの選択ということはあまり関係がないのでは~

となります。むしろしゃぶしゃぶのほうが涼しい~となります。

そこでおすすめなのがこの3つの加熱によるしゃぶしゃぶとなるんです。
父の日に
「母の日に 今日母の日と 父が言う」

さらに

「父の日に 今日父の日?と 父が言う」

どちらもつまるところ父が言うんですな~

やっぱり父の威厳というものがありますからね

とは~言いながらも母の日にはやっぱり盛り上がるんですな

母の日のプレゼント!カーネーションの花がありますから花はもちろんでしょうけど

美味しい食べ物にしろ衣類をプレゼントするにせよやっぱり盛り上がります。

それに控え6月に続く父の日ではいかがなことでありましょうか

ご健闘を祈るばかりですな

お父さんがバレンタインの日にチョコレート売場でチョコチョコ買うてる場合

ちゃいまっせ~

父の日には、どーんと和牛のビーフステーキのお買上をお待ちしております!