スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しょうが湯がおすすめです
寒波が居座っているようです

寒さがこたえますよね

風邪ひいてませんか?インフルエンザもこれからが本番とか聞きます。

こうなると

子供のころから風のひき初めには「しょうが湯」が飲まされていたことを

思い出します。

最近では甘酒なども人気が高まっていて

やはり昔ながらのあったまり方にはちゃんとした意味があるんですね

このしょうがにも辛み成分としてのショウガオール・ジンゲロンという成分が

体内の血の巡りを良くして体を温め発汗を促す効果がるので

風邪対策にはバッチリです

でも辛みや香りの成分は空気に触れて時間の経つほど

失われてしまいます。

確かにチューブ入りのものはその点手軽で便利ですが

新鮮な生をその都度おろして使うのがやはりおすすめです

もうおなじみとなりましたがコップの底にすりおろし器のついた

コップでは直に生姜がすりおろせて

簡単にしょうが湯が楽しめるんですね

寒い冬を「しょうがパワー」でお元気に!
スポンサーサイト
おいしく食べて健康作り
新年が明けました。

1年の総決算である年末商戦もまずまずの盛り上がりで1年を

締めくくることができました。これも日頃ご来店いただいているお客様の

信頼の賜物と厚く御礼を申し上げます。

31日まで地域の大小問わずほとんどのお店がチラシのオンパレードで

激しいお客様の争奪を競いましたが、終わってみれば、やはり

チラシのあるなしにかかわらず常日頃のお付き合いのお客様に向き合う姿勢として

出たのではないかな・・・と思うような今日この頃の反省でございます。

さて、新年に当たりお客様にはやはり「健康」第一にしていただき

且つ、おいしさのある日々の食事であり、またハレの日のちょっと改まるときにも

対応ができればという思いで今年も望みたいと思います。

やはり健康第一!

ある漫才師が「健康であるなら死んでも良い」なんてことを言っておりました

死んでしまっては元も子もありませんが

やはり健康にだけは気を付けてくださいね

今年もよろしく願います。

1年で1番昼間が短く長い夜の冬至にはこれ!
曇っていると昼間でも明かりをつけないといけないような

今日この頃ですね

お変わりありませんでしょうか

間もなく「冬至」ですよね

冬至と言えば~ということで食べ物に結び付ける点では

節分の「恵方巻」とは大違いで大変に地味なことになっております

やはり節分の恵方巻と比べるとちょっとインパクトないですよね

ですからもっと強烈に冬至を打ち出せばいいのではないかと

ひとりで気をもんでいるんですよ

まず言われるのが「かぼちゃ」ですよね~地味ですよね~

でもこのカボチャは冬至に食べると病気にかからないと

かなり古くから言い伝えられています

かぼちゃは体内でビタミンAに変わる

ですからカロチンが豊富で粘膜や皮膚の抵抗力を高めて

風邪の予防にも効果があるのだそうです

他にも食物センイやカリウム、ビタミンB,Cなどもバランスよく含んでいるんです

さらには

冬至の七種と言われる食べ物をご存知でしょうか?

それは「ん」の字が2個つく食べものということになるんです

「にんじん」「れんこん」「ぎんなん」「きんかん」「かんてん」「うんどん=うどんのこと」

これらも併せて食べればなお良いという風習があるんですね

このような野菜を入れた野菜スープはいかがでしょうか

どの食べ物もカラダの芯から温まるものばかりで

寒い冬を元気に過ごすという昔の人の知恵があふれていますよね

今週もお元気で~
ブリは12月が旬です
ブリを「鰤」と書くのは師走の12月に旬を迎えるから

なんですね。

鰤の旬がやってきましたよ

鰤の語源って何か知っていますか?

諸説あるそうですけれども

脂の多い魚なので「アブラ」のブラが「ブリ」となった説

古くは火にあぶって食べたので「炙り」が略されて「ブリ」となった説

食べると「ブリブリ」するので「ブリ」という説もあるそうなんです

どれもありそうな説ですよね

ブリの「旬」は真冬です

「寒鰤」と呼ばれて大変においしくなります

私からのおすすめメニューは「寒ブリのしゃぶしゃぶ」

薄切りにしたブリを豆乳でしゃぶしゃぶにします

おいしくて病みつきになりますよ

江戸時代にはお祝いの席などで重宝されたんだそうですよ

人間味という味わい
秋の深まりを木々の色づきや落ち葉の景色で感じることになります。

こうなると食欲の秋も満開ですね

おはぎが食べたくなりました

やっぱり「おばあちゃんの手作りおはぎ」がいただきたいですよね

愛情一番のおはぎこれはもう、安心という言葉の何物でもない

この愛情を味の中に出していくと・・・人間味という味わいになります

安心なものだけを食べていただく

わが子に食べさせたいという気持ちで手作りしていく

そのうえでお客様に食べていただく

材料を吟味したうえで一番おいしい素材を厳選する

その目指すものが

おばあちゃんのおはぎであり人間味という味わいのこもったおはぎ

出来立てのおいしさをおひとつ~どうぞ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。